Pickup 採用情報

小千谷サテライトスペース「就活相談窓口」受付開始!

お待たせしました!東京都中央区大手町にあるfabbit大手町内に小千谷サテライトスペースを開設します! 詳細ページについては準備中ですので、今しばらくお待ちくださいませ。 開設に伴い、・進学を機に小千谷市・新潟県を離れた学生の方・Uターンで小千谷・新潟県での就職を考えている学生の方・Ⅰターンで地方就職を考えている学生の方を対象とした、「就活相談窓口」の受付を本日から開始します! 募集の案内、ES・ […]

事業所紹介 ー 小片鉄工株式会社 ー

【事業紹介】 オガタはあらゆる分野に使用される熱産業機器を取り扱う機械メーカーです。 ボイラメーカーでは日本で唯一、設計から製造、 施工、アフターサービスまでを 一貫して自社で行う事で、迅速かつ丁寧に、お客様のお困りごとにワンストップで対応 しております。 油、ガスを燃料とする機器はもちろん、地球にやさしいバイオマス燃料を使用した製品の設計、開発も1980年代から専門部署を設置して取り組むなど、時 […]

事業所紹介 ー 株式会社日乃出江口 ー

【事業紹介】 当社は、商工業施設や住宅の建築・設備工事を得意とする総合建設・設備会社です。 さまざまな建物や設備を建設していますが、中でもスーパーマーケットの内装工事・メンテナンス業務・改修工事については、創業以来豊富な実績があります。 現在は『長岡本社』『小千谷支店』『前橋営業所』の3つの拠点をかまえ、右肩上がりに売り上げを伸ばし続けている成長企業です。 【会社の強み・魅力】 当社社名の『日乃出 […]

事業所紹介 ー エヌ・エス・エス株式会社 ー

【事業紹介】 当社は、新潟県小千谷市で旋回加工の心臓部「スピンドル」の製造を手掛けています。 当社のスピンドルは旋盤やマシニングセンター・研削盤などに用いられ、自動車や医療、IT系機器などの生産に活用されています。 素材から組立に至る一貫した製造体制のもと、サブミクロンの加工精度を実現し、国内外大手メーカーと厚い信頼関係で結ばれ、日本の「モノづくり」をサポートしています。 【会社の強み・魅力】 全 […]

事業所紹介 ー 日本ベアリング株式会社 ー

【事業紹介】 当社は、「社会貢献、社員幸福、社業継続」という経営理念のもと 直線運動機器の総合メーカーとして、高精度・高寿命を兼ね備えたベアリングという世の中に無くてはならない製品を、日々お客様のニーズに応えながら生産しています。 世界中の「まっすぐ動く」を日本ベアリング株式会社が支えています。 【会社の強み・魅力】 ベアリング製品は非常に幅広い分野で使用されていますので、景気に左右されづらく当社 […]

事業所紹介 ー 株式会社キムラ ー

【事業紹介】 当社は小千谷市に本社を構える総合建設業の株式会社キムラと申します。 地元小千谷を中心に、建築においては新潟県内を営業エリアに各種公共施設や住宅・商業施設・工場など、土木では河川・道路下水道などの公共工事を中心に事業を展開しています。 創業以来100年に渡って建築・土木技術を磨きながら、地元に根付いた建設企業として多くの施工実績を積み重ねています。 また、時代の変遷とともに社会のニーズ […]

事業所紹介 ー 税理士法人 小宮山会計事務所 ー

【事業紹介】 「役立ちの会計」を合言葉に、関与先企業を財務(=数字)の力でサポート! 決算書作成、税務申告などの過去の整理はもちろん、経営計画・予算策定支援など未来に目を向けて会計を行います。 財務コンサルティングサービスを提供し、関与先企業の意思決定支援を行うことで夢や目標達成をサポートいたします。 【会社の強み・魅力】 私たちは、お客様の役に立つために何が出来るかを考え続けています。 公認会計 […]

事業所紹介 ー 株式会社北越トラスト ー

【事業紹介】 当社は舗装工事を中心に土木工事等を請負う建設業です。生活や産業の基盤である道路インフラを支え、公共性が高く地域貢献が実感できる事業を展開しています。 また、除雪・排雪により冬場の生活・交通を支えるほか、地震等の大規模災害時には地域の復興へ貢献できる企業です。 本社は小千谷市ですが、生活道路に限らず国道、高速道路、新たな交差点設置工事まで市外・県外も含め幅広く工事を請負っております。 […]

事業所紹介 ー 小杉土建工業株式会社 ー

【事業紹介】 『安全・安心を造る“価値”』 私たちの仕事は、地域住民が安全・安心に生活していく上で無くてはならない、欠かせない仕事です。 主な事業としては、「建築事業」「土木事業」があり、建築は学校や庁舎などの公共施設や民間企業の工場などの新築・改修工事を、土木は地域住民の生活の基盤となる道路や河川の工事、災害から地域や住民を守る施設等の工事などを数多く、幅広く手掛けています。 近年ではICT技術 […]

1 3